3つの数を小さい順に並べよう!

【問題】3つの数を小さい順に並べよう

練習問題一覧はこちら

問題

①リストを作成し、そのリストの1番目~3番目にランダムな1~100までの整数を追加しよう。

② ①で作成したリストの1番目から3番目を昇順に並び替えよう。

解説

以下の動画で解説しております。ぜひ問題に挑戦した後にご覧ください。

【プログラミング練習問題】3つの数を並び替えよう【Scratch/スクラッチ】

ポイント解説

ここでは、問題を解くうえでポイントとなる部分のみ解説します。詳しい解説は動画をご覧ください。

ポイント1:リストの入れ替え

リストの中身や変数の中身を入れ替える際には、少し工夫が必要です。問題はリストの入れ替えですが、変数の入れ替えを例に説明します。

例えば、2つの変数A、Bがあったとします。A=5、B=3とした場合この二つを入れ替えてみましょう。

A=Bすると、A=3、B=3となってしまい、Bの中に入るはずだった5が消えてしまいます。

そこで、いったん値を保存してい置くための変数Tを用意します。

T=A、A=B、B=T とすることで、A=3、B=5と入れ替えることができます。

ポイント2:並び替えのアルゴリズム

まずは、3枚の紙に適当な数字を書いて、自分で実際に並び替えてみましょう。その時の手順を正確にプログラムに反映できれば、並び替えのプログラムを作ることができます。並び替えの方法はいろいろありますが、ほとんどの人が「選択ソート」または「バブルソート」という並び替え方法のどちらかになるでしょう。文章で説明が難しいので、是非動画を確認してみてください。
動画内では「選択ソート」の考え方を使って解説しています。

「アルゴリズム図鑑」というスマホアプリでも無料で分かりやすく説明されているので、興味がある人はインストールをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました